ダイヤモンドネックレス

ダイヤネックレスを磨く方法

ネックレスの保管

ダイヤネックレスを磨く方法

ダイヤモンドは曇りにくく、傷もつきにくい硬度があります。しかしチェーン部分にどんなメタルを使っているかで汚れのつきやすさが変わってきます。ここではそんなダイヤモンドネックレスを磨く方法について説明しています。

ジュエリークリーナーを活用

ダイヤモンドアクセサリーには、専用のジュエリークリーナーというものがあります。ネックレスの場合、チェーンの輪っかの裏まで布巾が届かないため、粉末状もしくは固形クリーナーを水に溶かして、その洗浄液の中に浸して綺麗にするといった方法もあります。この方法なら細いチェーンの裏側までしっかりと洗浄できます。

ネックレスのチェーンの素材に注目

例えばチェーン部分にシルバーを使っている場合、放置しておくといつの間にか黒っぽくなってしまうことがあります。使っているメタルの種類によっては、頻繁にクリーナーで手入れする必要があります。また酸化を防ぐため、お風呂につけてもっていかないよう、普段から気を付けておくと良いでしょう。

酸化してしまう温泉に注意

よくサスペンスドラマにも出てくると思うのですが、温泉のお湯に浸すだけで黒く変色してしまうものがあります。こういった特殊な温泉には、ダイヤモンドネックレスを身につけて入らないようにしましょう。

体験談/感想はコチラへ