ダイヤモンドネックレス

非常食や保存食に必要な水の量とは

 保存

ネックレスだけでなく非常食も保管しましょう

非常食は乾パンや缶詰といった食事だけでなくペットボトルの水も必要です。ここでは備蓄するのに最適な水の量をご説明します。

季節によって水の量が変わる

季節によって必要な水の量が変わります。例えば夏場は水分が無くなりやすいので、通常より多めのペットボトルを用意しておくと良いでしょう。 冬なら地域によっては雪解け水を充てにすることもできますので、少なめでも大丈夫です。その分、食料を備蓄しておきバランスを取りましょう。

住んでいる地域によって水の量を調節する

もし近場に海や川がある場合、ペットボトルの水も少なめで大丈夫です。もちろんそのまま飲むことはできませんが、浄水装置を通して水を得ることができます。 ペットボトルの水は便利でいいのですが、かさばります。 非常時の際、リュックに入れて移動するのは大変です。浄水装置を活用できる地域に住んでいるのなら、その辺りを工夫しましょう。

その人の持病を考慮する

もし家族に薬を飲んでいる人や、結石を作りやすい人がいるなら、多めに水を備蓄しておく必要があります。 環境や季節だけでなくその人の状態によっても変わってきますので要注意です。 赤ちゃんがいるご家庭の場合も、多めに水を備蓄しておくほうが良いでしょう。

体験談/感想はコチラへ